土地や建物に関する諸手続きなら…

盛廣堂代書人事務所

行政書士・二級建築士・宅地建物取引士 法 理 俊 史

消防法

防火対象物使用開始届とは

建物を、旅館、病院、店舗、飲食店、工場、事務所などに使用しようとする場合は、使用開始の7日前までに消防署に届出が必要になります。
防火対象物使用開始届出書を提出させる理由は、事務所の所在地、用途、消防用設備、収容人数、避難経路などを確認し、火災の防止に役立てるためです。基本的には事務所の所在地を管轄している消防署に提出します。

また、店舗などの修繕、模様替え、間仕切り変更などをする場合にも、工事に着手する7日前までに防火対象物工事等計画届出書が必要になります。

必要な届け出 期間
防火対象物や防火対象物の一部を新たに使用する 防火対象物使用開始届出書 使用開始の7日前まで
店舗などの修繕、模様替え、間仕切り変更 防火対象物工事等計画届出書 工事着手の7日前まで

必要な書類

提出書類は管轄署によって異なりますが届出書以外に、主に下記の書類が必要になります。

  • 位置図
  • 平面図
  • 消防用設備の配置図

場合によっては消火器や誘導灯、火災報知機などの設備を増設しなければならないケースもあります。また、お店や建物の大きさによっては「防火管理者」を選任する必要があります。事前相談では、図面を用意してください。