営業許可申請ならお任せください!

農地転用について

農地に区画形質の変更を加えて住宅地や工業用地などに転換したり、区画形質の変更を加えずに駐車場や資材置き場などに変更することを、農地転用といいます。

困った人

一時的に別用途に転換し、後日農地に復元する場合も含みます。農地を転用するためには、場所によって許可または届出が必要となります。ここで対象となる農地とは、すべての農地を指し(休耕地や耕作放棄地でも登記地目が農地のもの、登記地目が農地でなくとも、現に耕作の用に供されているものなど)、無断転用者は農地法違反で罰せられます。

開発行為許可を受けて建築出来る主な建物

当該農地が都市計画法による市街化区域内

各市町村の農業委員会への農地法第4条届出

当該農地が市街化調整区域内

都道府県知事(4ha超の農地は農林水産大臣)への農地法第4条届出

自分の農地を農地転用し、他人に賃貸借や売買する場合

当該農地が都市計画法による市街化区域内

各市町村の農業委員会への農地法第5条届出

当該農地が市街化調整区域内

都道府県知事(4ha超の農地は農林水産大臣)への農地法第5条届出

  報酬額 備考
農地法第3条届出 30,000円〜 申請費・実費 込み
農地法第3条許可申請 50,000円〜 申請費・実費 込み
農地法第4条届出 30,000円〜 申請費・実費 込み
農地法第4条許可申請 80,000円〜 申請費・実費 込み
農地法第5条届出 30,000円〜 申請費・実費 込み
農地法第5条許可申請 80,000円〜 申請費・実費 込み
農用地区変更申出(農振除外) 100,000円〜 申請費・実費 込み

※ 欄外に特に複雑な案件は別途お見積させていただきます。
※ 上記の一覧にはない営業品目も取り扱っています。
※ 報酬額には消費税は含みません。

開発許可について

都市計画法における市街化調整区域内にある農地に建物を建てる場合、農地転用の許可の他に、開発行為の許可(都市計画法第34条)が必要となります。通常は両方同時に申請します。片方の許可が下りても、もう一方の許可が下りなければ、その建物を建てることは出来ません。

困った人

開発行為許可を受けて建築出来る主な建物

  1. 公益施設や日用品小売店舗等
  2. ガソリンスタンド、コンビニエンスストア等の沿道サービス業
  3. 自己の居住の用に供する住宅
  4. 分家住宅等
  報酬額 申請費・実費
第29条 開発行為許可申請(開発許可) 300,000円〜 約20,000円
第34条 開発行為許可申請(1号・2号店舗許可等) 400,000円〜 約50,000円
第43条 開発行為許可申請(建築許可) 200,000円〜 約20,000円
第42条 開発行為許可申請(上書き建築許可) 200,000円〜 約40,000円

※ 欄外に特に複雑な案件は別途お見積させていただきます。
※ 上記の一覧にはない営業品目も取り扱っています。
※ 申請費・実費等につきましては、レシート等を提示して明朗に精算させていただきます。
※ 第29条許可につきましては、農地法第5条許可と併せてご依頼いただいた際は値引きをさせていただきます。
※ 報酬額には消費税は含みません。

手続きの流れ

お申し込み・相談

お電話またはお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。
お問い合わせはこちらから

ご面談

面談をしてお話・ご希望をお伺いします。
最後に作成手順や必要な書類、費用などの説明をします。
後日、費用の概算は見積書としてお渡しいたします。
見積書をご確認いただき、着手金を戴いた時点で正式に受任となります。

市町村の担当課との事前相談

当該開発行為の実施の妨げとなる権利を有する者の相当数の同意を取得。

法第32条(公共施設管理者同意)協議

工事により既存の公共施設(道路など)の機能を損なうことのないよう、
開発に関係する公共施設の管理者(市町村など)の同意を取得。

許可申請

問題が無ければ知事が開発を許可、文書で通知。

工事完了

開発工事の完成後、知事の検査を受ける。
検査の結果、問題が無ければ、知事による工事完了広告。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

tel : 0274-25-8023
fax : 0274-22-0344
mobile : 090-2729-0344

お名前
お電話番号
メールアドレス
ご相談内容


ページのトップへ